300km

300km

連休の中日におばあちゃんのお見舞いに行きまして 私が自動車を運転した距離です

今回の「おばあちゃん緊急手術」で 実家には初老の両親もいるしちょっと危機感を得まして今まで実家までは運転しなかった イヤできなかった私もここらでちょっと練習しておかないと いざと言う時に困るなぁと思い 実行に移した訳です

運転技術の達者では無い私が実家までの距離(今回は+病院)を運転するという事は ナビである旦那ちゃまも大変な大仕事な訳なんです

私 普段は我が家の近所をチョロチョロとしか運転していませんから(汗)

でも 高速道路は運転した事あります・・・が・・・(2年くらい前に片側3車線のとっても走りやすい高速道路を10回位、でもそれから1年間は高速道路は運転していません(汗)

走る前に心に誓った事は 事故を起さないってのはもちろんだけど 旦那ちゃまのナビダーナビとでも言いましょうか?(笑) )喧嘩をしないって事・・・・・

ダーナビはたぶんうるさいと予想はついていたからサ、でもダーナビがいないと練習できないし もうコッチが謙虚に我慢するしかないって思ったの

行きはダーナビも優しく、私も教習生みたいに「はい、はい」って運転してたんだけど 帰りは疲れていたせいか?大渋滞でイライラしていたせいか? もぉ~~~ 2.3回喧嘩っぽくなっちゃいました(笑)

でもね 喧嘩 → 私が興奮 → 事故  こうなるのを恐れたのか? ダーナビが折れてくれました

(でも 本当はダーナビには感謝しております m(_ _)m )

さて、今回走る高速道路ですが私にとってはただの高速道路ではありません、迷路のようなそして壁に激突しそうな なおかつ車の数が多く車間距離が短い そう首都高です(汗)

怖かった~(汗)

「キャーキャー 怖いー」 って運転してましたが たぶん乗っていた家族の方がよっぽど怖かったと思います(汗)

息子には 「首都高バトル」(プレステのゲーム)で 練習した方がイイよ」って言われました(笑)

はたして役にたつのかどうか?(謎)

でも 首都高は幸い(?(笑))結構渋滞していまして とってもとばすような所はありませんでした

結局 旦那ちゃまの運転で全然渋滞にはまらないと2時間位の距離を 私は渋滞に巻き込まれ&ノロマ運転で4時間かかりました

で、次の日には用事があり日帰りだったので病院と実家にはホンの少ししかいられず 真っ直ぐ帰ってきたのでした

3連休って事もあり帰りも大渋滞 5時間近くかかり・・・・(涙)

18日の外出時間11時間 その内運転時間9時間 

私にとっても家族にとっても恐怖の時間は長かった~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

子供達の小冒険

先日 実家から帰る際 子供達4人は電車で我が家まで向かいました

(中2) オイ(中1) 息子(小5) メイ(小5) 

普通 この年齢でこの人数だったら 電車で3時間をそんなに心配する事も無いと思われがちですが 自家用車の時代に生まれた子供たちですから 電車での子供達だけの遠出は4人ともこれが初めてなんです

それに・・・・・・・・・

一番年上のはいつもの調子で抜けてますし オイはノッポさん(昔教育テレビでゴンタ君と工作していて何も喋らないお兄さん)くらい無口ですし メイはちょっとワガママで突っ走るタイプ

なので 実家の私の両親をはじめ子の親の「たより」は 年下の息子にかかっていました(笑)

まぁ 電車大好きなんで そのせいもあってですがね(汗)

一番の心配な点は 「東京駅での乗り換え」

帰省ラッシュで 混雑が予想され 4人がはぐれてしまったら・・・・なんて心配していました

ですが 乗り換えの際 息子の後を3人が必死について行ったらしく スムーズに乗り換えも成功(笑)

3人は 緊張していたせいか 息子の背中ばかり見て 東京駅の中や回りの様子は全然わからなかったみたいでした(笑)  

電車ヲタク君 (たまには)役に立つなぁ~ (*^▽^*)ニャハハ

我が家の最寄の駅に私が迎えに行った時 4人とも イイ笑顔で改札から出てきたわぁ~

子供達の 「この夏の小冒険」 きっとイイ思い出になってくれたと思います

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お出かけ

今日は 息子と旦那ちゃまと私の3人で お出かけ
息子が以前から リニアモーターカーのチョロQが欲しいって言っていたので それを買いに行きました
一番近いところで 東京駅のキヨスクだったのでそこまで車で行きました
いつもは電車で 行くんだけど  旦那ちゃまも行きたい所があったみたいなので

チョロQ って言ったって 高いんだよぉ~~
普通のは400円でお釣りが来る位なんだけど これは・・・・・・
2つで 2000円!!
もちろん お小遣いで買わせたわよぉ
お小遣いって言ったって 毎月のはあげていないので お年玉やおばあちゃんにもらったものの貯金から出したんだけどね

ランチは丸ビルのCASABLANCA SILK で ベトナム料理を食べました
名前のとおり 店内には百合の女王と称されるカサブランカがゴージャスに花瓶に挿してあったり 壁に大きなカサブランカの絵が描いてありました
店内は異国情緒溢れ 窓からは東京駅が見えて とってもイイ雰囲気
お料理は どれも美味しかったけど 食いしん坊の私には あと「おにぎり」1つ位入る余裕がお腹にありました(笑)

食事の最中に 息子が
「僕。。。。邪魔じゃない?」 って 言ったので 訳を聞いてみると
「パパとママ 二人がいいかなー って思って」 だって~~((爆))
子供がそんな事 気使ってどうするのぉ~~~~~(笑)
しかも 私はあなたがいて 助かっているんですから~
旦那ちゃま 無口なもんで 二人だとナカナカ会話が弾まない (*≧m≦*)ププッ

その後 旦那ちゃまが行きたかった場所へ
昔はよく行っていたみたい? 青山の車屋さん
車を売っているんじゃなくて 色々な小物を売っているのかな???
何で 「??」 ばっかりかと言うと そのお店 お休みだったんです
           (*^▽^*)ニャハハ
私だったら調べて行くし 休みだったら ショックなんだけど
何でも調べないで行くタイプの旦那ちゃま。。。。。
休みでも そうは ショックじゃないみたい(笑)

なので そのまま帰路につきました(笑)

テスト勉強中でお留守番の娘にお土産を 買ってね   (^_-)-☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

富士スピードウェイ

富士スピードウェイのリニューアル・カーニバルに行って来ました
朝 6時にウチを出て富士には7時半頃着いたよ
途中 私は初めてのETC体験もあって 楽しかったな

カーニバルは「夜もヒッパレ」の司会だった赤坂さんが司会進行をし 国家独唱はオペラ歌手で「違いがわかる男」の錦織健さんが歌った
その後は F1とか クラッシックカーとか SuperGTとか ドリフト走行を見たりした

f1

dorihuto

gt

私はもともと モータースポーツには興味が無かったので家で留守番しているって言ったんだけど 旦那ちゃまが「どうしても」っていうので まー半分以上お付き合いで行った感じ
息子と旦那ちゃまの車を見ながらニヤニヤしている顔を見ている方が 面白かったな (*≧m≦*)ププッ

F1もSuperGTもドリフトも みーんな すごい音でさ~
初めは耳をふさいで見てたよ
でも 慣れって怖いね~
その内 平気になった(笑)
平気になった って言うより 耳がバカになっちゃったんじゃないかって心配しちゃった(汗)

息子に 「あ~~ これ トミカにそっくり!!」って言ったら
息子は 「ママ トミカにそっくりじゃなくて トミカがそっくりなんだよ」って言われちゃった
ごもっともです(笑)

とにかく 興味のない私には よく分からない物だったけど こういう物もあるのねって事はわかったわ

((本当の所の感想
クラッシックカーのパレードは「チキチキマシン猛レース」に見え あとは ゲームの中に自分が入り込んだ感じでしたーー
こんな事 連れて行ってくれた旦那ちゃまに言ったら 
ショックだろうな~~ψ(`∇´)ψ うきょきょきょ ))

帽子を買ったよ 気に入っちゃった でも派手だね~~(笑)
bousi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1泊2日(帰路編)

ホテルを後にし 大涌谷に行った
ここで「黒たまご」を食べるのが目的
(また食べる話かい!(笑) )
しかし そこに着くと雪が降ってきた
スキーに行った時とは違う車で来てしまったため タイヤはノーマル
帰れなくなると困るので 黒たまごは茹でている所(少しだけ歩く山頂)では買わずに 駐車場近くの売店で購入
でも 温かかったから美味しかったヨ
1つ食べると7年長生きするらしい

そして帰り道 息子とギボちゃんは車を降り「箱根登山鉄道」に乗った 
息子 念願の「スイッチバック」を体験
(スイッチバックの仕組みはこちら
箱根湯本駅前で車グループの私達と待ち合わせした
息子 大満足 イイ笑顔だった(笑)

この旅行 実はしばらくの間 家族では旅行に行けないかもしれないと思い 急遽計画した物であった
旦那ちゃまの仕事 子供の部活動や塾で 短気はもちろん長期のお休みにも旅行に行けそうにもないのだ
1泊2日 長くはない時間だったけど 楽しく思い出に残る旅行となった
無理して水着着ても(笑)  行ってよかった♪

116_1636116_1669

車窓から撮った富士山  
大涌谷の黒たまご(本当は6個入り)

| | コメント (2)

1泊2日(宿泊編)

宿泊は 箱根小涌園に
外見は古いけど 中は結構綺麗だった

夕食はバイキング
お料理を見た途端
「ウゥ~~~!」サイレンが私の頭の隅の方で鳴り その頭の隅に住んでいるかと思われる誰かが 「緊急事態解除 緊急事態解除」 そう言ったがした(笑)
そう もう水着を着るという緊急事態は去った訳だから このバイキングを十分楽しむぞ~~って訳だ(笑)
お寿司 カニ ステーキ お鍋 お蕎麦 デザート 和洋中と数え切れない種類だった
もう満腹!
そう思って 家族の一人が食べているのを待っていると その待ち時間にまた誰かが何かを持ってきて食べる その繰り返し(笑)
お腹がパンクする寸前まで食べました
こんなに食べて明朝のバイキングは食べられるかしら?
なんて心配は要らなかったよ(笑)
朝もしっかり食べましたぁ~

そして ホテルの温泉にも夜と朝に入って ほんと温泉三昧の1泊2日でしたとサ

| | コメント (0)

1泊2日で(水着編)

1泊2日で箱根に行って来ました
箱根には 何度か行った事があるので 今回は観光地には寄らず「ユネッサン」という温泉に行って来ました
ここは チャッ友のTさんが少し前に家族旅行して楽しかったヨと言っていたので ギボちゃんを含む5人で出かけました

ユネッサンは水着を着て入る温泉と裸で入る温泉があります
そうです このために月曜日から運動をしていたのです(笑)
でも 行ってみて安心しました
ナイスバディーな方々が いらっしゃるような所ではありませんでした(笑)
私が人間ウォッチングしていた中では 何百人の中で1人だけかな~ ナイスバディーは・・・・

温泉は お茶 コーヒー ローズヒップ 炭 日本酒 死海の塩 などなど沢山ありました
場内は結構混んでいたんだけど トルコ風のお風呂にたまたま少人数で入る事になったの
その時は 私は家族と離れ1人で行動していたんだけど なんと 1ファミリーがそこから出たら 私とカップル2組になっちゃって・・・・
カップルたちは イチャイチャして・・・・・・・どう見ても私は邪魔者 さっさと退場しました(笑)
今の若者は すごいぞ(汗)

そして私は ほとんどのお風呂に入りました
身体全体がふやけていたかもぉ~ 1週間分お風呂に入った感じ(笑)
温泉が屋外の所は寒かったけど 温まりながら次々にはしご風呂したよ(笑)
ギボちゃんは水着を着る事に抵抗あったみたいだけど 無理やり?着せて一緒に入っちゃった でも結構楽しんでました 子供達もとっても楽しそうだったよぉ

そうそう ちなみに私はウォータースライダーはしなかった
だって 滑り終わって立った時 超ハイレグ水着になっていたら 恥ずかしいからサ((爆))

宿泊は 箱根小涌園に
このお話は また明日

| | コメント (2)

スキー(最終章)

今回のこのスキー
息子が生まれてから初めての4人での旅行だったんです
息子が10歳になるのに なんだか変でしょ?
旦那ちゃまの仕事の関係で 長野と群馬に住んでいたので車でちょっとお出かけすればとっても素敵な所に行けちゃってたんです 
日帰りでね
旅行は何度も行ってましたよ
義両親 実両親 義妹夫婦 実弟夫婦 そしてお友達と いつもワイワイガヤガヤ大人数で出かけていました
なので この旅行が4人の記念すべき第1回目の旅行となった訳です
楽しかったけど ちょっと寂しい気もしたかな?

スキーは 娘がとっても上手になって へっぴり腰な私より豪快に滑ってました
2月に学校のスキー合宿があるので この調子だと上手な方かも
なんせ今の住まいは雪国じゃないので スキー未経験な子が沢山いますから
でも娘は見るからに運動音痴で たぶん周りから滑れるなんて思われてないはず(笑)
「意外だね」 って言われたらイヤだな~ってボソっと言ってました(笑)

今シーズンもう1回位 スキーに行きたいな~

| | コメント (2)

スキー(温泉編)

そのホテルの温泉はアルカリ性単純温泉
名前は「美人の湯」
娘とゆっくりお湯に浸かってツルツルになって部屋に戻ると 旦那ちゃまと息子は既に戻っていました
息子 「ずいぶん長かったねぇ」
まりが 「うん だって 美人の湯だって言うからさー 美人になるかと思って長く浸かっていたんだよ~」と冗談まじえて言うと
息子 「・・・・・・もう 遅いんじゃない?・・・・・」

Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン

だ、だから・・・冗談だって・・・・(汗)
それに遅いなんて自分が一番わかってますからぁ~~(涙)

しかも息子ったらをそらして言ったぁ~
人に物を言う時は を見て言いなさい!を見てぇ~~!
って 怒る所はココじゃない? ((爆))

| | コメント (2)

スキー(クレーマー編)

ココからが 今回のスキーの目玉なんです(笑)
ホテルに着くとフロントの女性が「今晩お泊りのお部屋が空いていますので アーリーチェックインなさいますか?」と聞いてきた 
2千円かかったが 長旅に疲れたのでお茶でも飲んでゆっくりしたかったしお願いした
鍵を渡され部屋のドアを開けると そこは・・・・・・・
前の人が使ったマンマであった  ガーン
ゴミ箱は山盛り 布団は隅に適当にたたまれ バスタオルはグチャグチャ 灰皿はタバコだらけ テーブルも灰だらけ・・・・
これで2千円取る?
なんてお正月からちょと怒りぎみ(笑) ←今だから笑える(笑)
仕方が無いから荷物を置いて ゆっくりもせずにそのままスキー場に行く事にした
旦那ちゃまは特別に温厚(悪く言えば鈍感(笑) )なので フロントに行っても何も言わない
こういう時は必ず私の出番である(A;´o`)=3 フゥ
「あのぉ、掃除はこの後にしていただけるんですか?」と丁寧に言った(つもり、顔は鬼だったかもしれないけど(笑) )
やっぱりホテルの人は勘違いをしていたらしく 掃除の前に入室させてしまったらしい
丁重に謝罪して頂きもちろん2千円も返してくれた
まー 私としては2千円返してくれたから これで満足だったんだけど・・・

夕方スキーを終えホテルに帰り温泉に入った そして部屋に戻ると ホテルからお心遣いを頂きテーブルに「フルーツ」が用意されていた
なんかチョット恐縮 まさか私 本当に鬼の顔してた?と心配になる(笑)

夕食はレストランで洋食
テーブルに真っ白なクロスがかけられ部屋の番号札がおいてある
「303です」とホテルの方に言うと なぜか皆とは違う方向に案内される
そこには 囲いがあり絵画や写真 お花や観葉植物で飾られ 間接照明で照らされた2m以上はある濃い茶色のテーブルには4人分のナイフやフォークが用意されている もちろんイスだって他とは違う
これもホテルからのお心遣い・・・・まさか・・・・ やっぱり私の顔 鬼だったかしら?(笑)
きっとこの夕食だけこの場所だろうと ホテル側の厚意を有り難く頂きました が なんと帰る日の朝食までその場所で食事をさせて頂き かえってこちらが恐縮しちゃいました(笑)

他の人はきっと「金持ち家族のスキー旅行」だろうなーって 思っただろうなぁ(笑)
食べている物は一緒なんだけど(笑)
おかげですっかりVIP気分(笑)  いいホテルへの宿泊となりました

実は私 ホテルにクレームをつけたの これが初めてじゃない(汗)
2軒ほど 安くしてもらったり お土産もらったりした事がある
でも プロであるホテルに普通のお客として納得できなかったんだから 当然のクレームであると思うんだけどなー

それにしても 鬼の顔だったかしら? しかもそんなに怖かったのかなぁ?・・・・・(笑)

こんな長い文を読んでくれて ありがとう m(_ _)m

| | コメント (7)

より以前の記事一覧