勇気と強さ

息子の小学校のPTAになって1年以上が過ぎ 少しずつ同じ学年のお母さんと子供達の顔を覚えてきた。  が、マダマダだ。

先日 小学校の役員会に出席した時 見た事のある方が私の方に近寄ってきて・・・・・

「いつも 息子がお世話になっています」・・・・・と言った

聞いてみると  息子と同じクラスの男の子のお母さんだった(汗)

「いえいえ、こちらこそお世話になって」 と まぁ普通に挨拶。息子は学校の事あまり話したがらないので  私は学校の様子がわからないんだけど ちょっとこのお母さんの様子が変 

お母さん 「いつも仲良くしてくれて 優しくしてくれて お世話になってばかりで本当にありがとうございます。 息子がいつも話してくれます」

なんだか随分とウチの息子を褒める

これって 良く考えると「褒める」だけど 悪く考えると「イヤミ」 それくらい普通の挨拶とは異なって聞こえたんだ

心配になり家に帰って我が息子に聞いてみた

どうやらその子は イジメ?(はたして本当にイジメなのかは不明)られているらしい。髪の毛が天然パーマな彼は「スパゲッティー」とか「ナポリタン」とか「パスタ」と呼ばれているらしい(天然パーマ=パスタ??なのか?) 

小さい頃から息子や娘には 「体の事では絶対に悪口を言ってはいけないよ なりたくてなったわけじゃないし 直したくても直らない場合があるんだから」って 言い聞かせてきたの。 そのせいもあってか 息子はそのお友達を呼ぶ時 決して「パスタ」等とは言わなかったそうだ。 そして 彼の元に行って「大丈夫 大丈夫 気にするな」って背中をポンと叩いてあげていたらしい。 

ここで ウーンと褒めてあげたけど 悪口を言い終わってから励ますんじゃなくて 悪口を言うのを止めさせる勇気はないのかい?と聞くと それはできないらしい。一度 学級会でそういう事を話し合ったらしいが 結果がこれだから だそうだ。 って事は担任の先生も知っているんじゃないかーー!   悲しいなぁ・・・・

息子には止める勇気と強さ そして その彼には言われても跳ね飛ばす位の勇気と強さを持って欲しいと思った

| | コメント (11) | トラックバック (0)

自立とは

今日は息子の小学校で 移動教室保護者説明会があった
6月初めに 1泊2日で行く予定だ

先生からの健康上の注意や 持ち物の事など 色々な説明の中で 1つ疑問がある

お小遣いの事だ  先生の説明によると・・・・
以前 移動教室の際にお金のトラブルがあったと
Aさんのお財布から100円が無くなった 
Aさんは 自分の計算間違いでは絶対に無いと言う
部屋にいたのはBさんだけ そこでBさんが疑われた
Bさんは取っていないと言う
AさんもBさんもイヤな思いをしただろうし 犯人を見つけ出すような先生もイヤな思いをした

だから

お財布は 1日目にお土産を買ったら1晩先生に預けます
そして 翌日にそのお財布を配ります・・・・・だそうだ

今日配られた 保護者用のプリントの一番初めにある 移動教室のめあての1つに
「2日間の集団生活をとおし 5年生にふさわしい自立した心身を育てる」 とある
お金の大切さ 管理 それができるのも 5年生にふさわしい自立だと思うんだけどね

上の子の移動教室や修学旅行などの経験から お財布を預けるなんて初めてだから ビックリしちゃった

こんなんで いいのかなぁ~~~


なぁ~んて言って 私も6年生の修学旅行で 多大なるご迷惑をかけました張本人でございます
申し訳ございません(汗)


| | コメント (2) | トラックバック (0)